※当ブログはアフィリエイト広告を利用して商品やサービスなどを紹介しています。

杉本ゆう『探偵アプリ』:スマホに閉じ込められた探偵が元に戻るために女子高生と一緒に依頼を解決する話

今回紹介する1巻完結のマンガは、杉本ゆう先生の『探偵アプリ』です。

『探偵アプリ』の特徴
  • スマホに閉じ込められた探偵が元に戻るために女子高生と一緒に依頼を解決する話
  • 本編6話、描き下ろしの4コマ漫画とあとがきを収録
  • 推理要素はほぼない
  • 『探偵アプリ』を読むならこちら

概要

『探偵アプリ』は、スマホに閉じ込められた探偵が元に戻るために、女子高生と一緒に依頼を解決する話です。

そして、『月刊コミックゼノン』の新人による連載作品を掲載していく枠である「ゴールドゼノン」の作品で、2013年11月号から2014年4月号まで連載されました。

また、単行本には、連載された本編6話、描き下ろしの4コマ漫画とあとがきが収録されています。

あらすじ

女子高生の三浦アゲハは名の知られた敏腕探偵の田淵翔平に、陸上部の山本アカリのスパイクとユニフォームをズタズタにした犯人を探してほしいと依頼するが、学校の先生に相談しろと断られる。

しかし、断られてもアゲハがしつこく食い下がるため、田淵は、音声入力で依頼を言ってアプリが推理した犯人をカメラで収めて事件解決するという子供ダマシの「探偵アプリ」をすすめる。

それに怒ったアゲハが怒りながら探偵アプリのカメラで田淵を撮ると、田淵はスマホの中に閉じ込められてしまった。

そして、田淵は元に戻るため、探偵アプリのルールに従ってアゲハ依頼を受けて事件解決に挑むことになった。

感想(少しネタバレあり)

タイトルに「探偵」と付いていますが、推理要素はほぼないです。

そのため、推理ものだと思って読むとがっかりします。

しかし、人を救う人情ものとしては楽しめました。

『探偵アプリ』は、推理ものが好きな人には向かないですが、人情ものが好きな人におすすめです。

試し読みと購入

紹介したマンガの試し読みと購入はギャラクシーコミック(以下、ギャラコミ)がおすすめです。

ギャラコミは、2022年10月で11周年を迎えた電子コミックサービスです。

・月額コース制で登録コースに応じてポイントが付与
・支払方法によってはボーナスポイントがもらえる
・独占先行配信タイトルあり
・LINEお友だち登録で100ポイントプレゼント!

\\会員登録はこちら//