【1巻完結】鳥山明『カジカ』【バトル】

鳥山明『カジカ』

今回紹介する1巻完結のマンガは、『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』などの作者である鳥山明先生の『カジカ』です。

概要

『カジカ』は、『週刊少年ジャンプ』の1998年32号から44号まで短期集中連載された作品で、全12話です。

そして、『COWA!』の連載終了から4ヶ月ほどでの新連載であり、『週刊少年ジャンプ』創刊30周年記念の3号連続新連載の第2弾です。

あらすじ

幼い頃に意味のなくキツネのギギを殺したカジカは、ギギから呪いを受けてキツネ人間にされてしまった。

その呪いを解くために1000の命を救う旅をしていたカジカは、ギャングに襲われている少女ハヤを助ける。

彼女は、ロンロン島の研究所から絶滅寸前の竜のタマゴを盗み出したギャングのギバチ一味から竜のタマゴを盗み返したプロの泥棒だった。

彼女にその強さを買われたカジカは、絶滅寸前の竜のタマゴを預かり、タマゴを狙う悪党からタマゴを護りながらロンロン島を目指すことになる。

感想(少しネタバレあり)

『カジカ』を読んだ第一印象は、戦闘力のインフレが酷くなる前の『ドラゴンボール』のようだと思いました。

そして、主人公のカジカと敵のイサザが気弾みたいな技を使うので、余計に『ドラゴンボール』みたいだと思いました。

私は楽しく読めましたが、『ドラゴンボール』の焼き直しが嫌な人には向いてないと思います。

しかし、インフレが酷くなる前の『ドラゴンボール』が好きな人には読んでみてほしいです。

試し読みと購入

『カジカ』は、以下の電子書籍サービスで冒頭部分の試し読みと購入ができます。

※U-NEXTに関して
本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。